短期間で免許取得が可能

まずはドライビングスクールで行われている合宿免許のメリットをお伝えします。一般的な通いのドライビングスクールの場合、毎日、また教習がある日に通って運転免許取得を目指します。少なくとも1ヶ月はかかりますし、学生が通う時期、春、夏などは教習の予約が取れず、2ヶ月以上かかる事も少なくありません。

しかし合宿免許の場合、入校の申し込みを行い、適性検査を受けて第一段階、さらに修了検定と仮免学科試験、第二段階の路上、卒業検定、適性と学科の試験を受けるという、通常1ヶ月はかかる教習について、普通車ATの場合、最短13日!、普通車MTの場合、最短15日で卒業可能なのです。

これは、合宿免許の方のため、優先的に教習を受けるシステムになっているからです。場内や路上教習の時には、時間の予約をしなければなりませんが、合宿免許の場合、教習のスケジュールが決まっているため、予約をとるという必要もなく、スムーズに教習を受ける事が出来るのです。

AT車の場合、最短13日、つまり2週間弱でふつう運転免許が取得できるのですから、これはとてもうれしい事です。合宿免許を利用する事で、時間に余裕がない、就職までに免許が必要という人も、しっかり免許を取得する事が出来るのです。

ドライビングスクールで合宿免許

仕事をするうえで、普通自動車の運転免許証は必須という時代です。もちろんパートやアルバイトという場合や全く移動などがなく、ほとんど業務に関係ないという場合、運転免許は必要ないとされるかもしれません。都会に暮らしていればバス、電車などの公共交通機関が発達していて移動に困る事もないので、必要ないとされることもありますが、一般的に免許は社会人にとって必要不可欠なものとされる時代です。

地方に行くとバスの本数が少ないという所も多いですし、電車の駅が近くにないという事もあり、車がないと生活できない地域も多いです。高齢になっても車がないと病院に行く、買い物に行くという時、動くことが出来ないこともありますので、かなり高齢になっても車が欠かせないという地域も多いのです。

最近は50代くらいになってから普通自動車の運転免許を取得される方もいますし、余暇を楽しむという事で、自動二輪の免許取得に励む主婦もいます。現代は合宿免許という手段で、リーズナブル、短期間に免許を取得できるようになっているので、より一層、免許を取得しようという人が多くなっているともいえます。

通常、通いで自動車教習所などに通うと、30万円以上の費用が掛かります。しかし合宿免許の場合、安いところでは宿泊料金など込みで20万円を切る金額のところも出てきています。当サイトは、合宿免許を行っているドライビングスクールの詳細を紹介します。どのような教習になっているのかその利点や、特徴を皆様にお伝え出来れば幸いです。